子供の病気には注意深く

注意

子育てをしていく上で、ほとんどの子は熱や風邪を引きます。私の経験上、歯が生えてくるたびに、熱をだす、または熱っぽくなってくるということがあります。

それはそれで、病気とまでは行きませんが、少しの熱と思っていると、重体になってしまうようなこともありますので、様子をみるように心がけましょう。

予防接種
3ヶ月までの赤ちゃんはお母さんからもらった抗体があるので、病気になりにくいといわれますが、本当に3ヶ月までは病気にならなかった私たちの子供達ですが、まれによっては熱を出してしまう子供もいるようです。
3ヶ月を過ぎると、抵抗力が弱まっているので、熱や風邪をひくことがあります。そして、進行症状が早いこともあり、ちょっとした熱や風邪だと思っていると、実ははしかなどの感染症にかかっていることもあります。
予防接種をして抗体をつくらなくてはいけないものがいくつかありますので、市町村役場などから予防接種のお知らせがきたら、必ず受けるようにしましょう。
平熱
赤ちゃんの平熱を調べておきましょう。ちょっと様子がおかしいと思ったら、まずは体温を測りますよね。なので、事前に知っておくと比較できます。そして、熱は夕方から夜になると、どんどん上がってくることがよくありますので、昼頃に熱があるのであれば、その時点で病院へ行くことにしましょう。時間外になってしまうと、夜間扱いされ、待ち時間は長く、診察料金も高くついてしまいます。

こんなときは病院へ

赤ちゃんは、大人のようにしゃべることができないので、体調が悪くても口で伝えることができません。その為、ママも気づきにくいことがあります。なので、こんな時はいつもの様子と違うということから気づかされます。

一番わかりやすいのは、熱がある場合ですね。いつも触れている赤ちゃんだから、熱があったらすぐに感じることが出来るでしょう。熱が出ているということは、風邪や病気などのサインでもありますので、病院へ行かれるとよいでしょう。

他にも、こんな症状が出てたら、迷わず病院へ行きましょう。

  • いつもよりも元気がなく食欲もなく、ぐったりとしている。
  • 顔色が悪い
  • 下痢や嘔吐をする
  • 便の色がおかしい
  • 呼吸が苦しそう、またはおかしい
  • 泣き方がおかしい
  • けいれんを起す

受診

受診するときには、家での様子をまとめておきましょう。例えば、いつから熱があるか、鼻水がでているか、下痢をしているかなど・・・もし下痢や嘔吐をしているのであれば、そのまま持ち込んで診察をしてもらうようにしましょう。

その際には母子手帳も忘れずに!