事故から子供を守るチャイルドシート

子供の安全を守るのは親の義務です。それは誰もが当たり前の認識だと思っているでしょう。しかし、それでも自家用車にチャイルドシートを設置しない方がいるのです。これはとても驚きの事実。車に乗り運転する場合、必ずシートベルトを着用します。それは子供も同じこと。子供の場合、常備されているシートベルトは大きすぎるため安全を確保することができません。そのため、お子様がいらっしゃるご家庭の自動車には、チャイルドシートが絶対必要なのです。

以前は義務化されていませんでしたが、自動車事故による子供の死亡率が増加したため、国は道路交通法を改正。チャイルドシートの設置を義務付けました。その結果、事故による死亡率は減少傾向にあります。ただし、それでも0にならないのは運転者のマナーによるもの、後は不可避の事故を除いては、チャイルドシートを設置していなかったことが挙げられるのです。

チャイルドシート

親御様の中には、「子供は親が抱っこするから大丈夫」と仰る方も考えて下さい。もし事故が起こったとき本当に子供の命を守れるのでしょうか?自動車事故の衝撃はとてつもなく大きいもの。その認識が低いため、そのようなことを仰るのかも知れません。ではここで一例を挙げてみましょう。

もし40kmのスピードで事故を起こしたと場合、赤ちゃんを抱えている親の両手に掛かる負担は「子供の体重×30倍」。つまり、子供の体重が8kgだとすると、240kgの重圧が親の両手に掛かるわけです。常識的に考えて、それを受け止める術はありません。

では、チャイルドシートなら守れるのかと言うと、抱きかかえるよりかは遥かに安全。自動車のシートベルトは、60kgの大人の体を事故から守ります。子供用に作られたチャイルドシートなら、当然衝撃を和らげ命を守ってくれるでしょう。それだけ命の保障が得られるというわけです。この記事を読んで、少しはチャイルドシートの必要性を感じて頂けたでしょうか。それでは、そのチャイルドシート情報をお話します。

チャイルドシートの購入前に設置可能か確かめる

では、いざチャイルドシート・ベビーカーを購入しようと考えているなら少々お待ち下さい。チャイルドシートを購入する前に必ずチェックしてもらいたいのが、「車に設置可能か?」ということです。最近はインターネットの普及で、自宅にいながらさまざまな商品を検索し、また購入することができます。ホームページに掲載されている写真を見て購入を決める人もいるでしょう。

しかし、実際商品が到着してチャイルドシートを設置しようとしたら、サイズが合わずに設置できない…。そんなことに成りかねません。まずは、そのチャイルドシートが自宅の車に設置可能かどうかを確かめる必要があるのです。何でもそうですが、試してみて損はありません。

チャイルドシートの購入前に、近くのショップに立ち寄って実際の商品が設置可能か確かめましょう。インターネットで購入する場合はその確認ができないので、同じ車種でチャイルドシートを取り付けている方のブログを探すとか、親戚や友人、会社の同僚など周りに経験者がいないかどうかを確認して情報を教えてもらうと良いでしょう。

事前に確認した情報を基に、チャイルドシートを購入することで失敗を防ぐことができます。

購入後のチェックポイント

情報を基にチャイルドシートを購入したら実際車に設置するわけですが、ここでチェックポイント!設置の際、気をつけたい項目をご紹介しますので参考にして下さい。

付属品のチェック!
購入したら、まず部品が欠けていないかチェックしましょう。これはお店の信用問題に関わることですが、設置に必要な部品が欠けているといったトラブルが発生!それはショップでもインターネットで購入した場合でもチェックしなければいけません。チャイルドシートによっては、一部の部品が欠けていたことで車に設置できない…。といった事態も発生しないとは言い切れないので十分注意しましょう。

説明書を確認しながら設置!
商品を購入したら、まず説明書を見るのが基本ですが人によってはこの説明書を見ない方がいらっしゃいます。その理由として「面倒くさいから…」。恐らく、この理由が一番多いでしょう。確かに商品によっては分厚く何ページもあると、読むのが億劫になってしまいますよね。しかし、テレビやパソコンなどの電化製品なら分かりますが、子供の安全を守るチャイルドシートですから説明書を見て正しく取り付ける必要があります。

取り付けは個々によって違うため、チャイルドシートの設置が2回目という方でも油断せずに必ず説明書を読みましょう。夫婦二人一緒に説明書を見ながら設置するのがお勧めです。正しく設置されていない場合、もしものときの安全を確保することができないので、しっかりと取り付けるようにしましょう。

レンタルを考える

レンタル

チャイルドシートは使用する期間が短いため、購入をためらう方がいるかもしれません。子供の命を考えるとそんな余裕はないと思いますが、この不況の時代、高いチャイルドシートが家計を苦しめることもあるでしょう。
もしそうお考えなら、チャイルドシートを「レンタル」してみてはいかがでしょうか?

レンタルであれば全額支払う必要がなく月々の支払いになりますので家計に優しい。また、使わなくなれば商品を返却すればいいためとても便利なシステムです。レンタル場所は専門業者の他にも、産婦人科や市町村でレンタルできますので、お近くの窓口で確認しましょう。

レンタルの手続きが完了すれば早速車に取り付け。正しく設置してグラつきがないか確認が必要です。業者が設置したならもしものとき責任を追及できますが、大体がご自身で設置するはずです。万が一、何てことにならないよう正しくしっかりと取り付ける必要があります。
またこれはレンタル商品だということを忘れてはいけません。もし付属の部品が無くなったり、チャイルドシートが破れた、汚れてしまったとなれば弁償代を請求される可能性があります。長い期間使い続けるとその感覚が麻痺してしまいますが、そのことを忘れずにチャイルドシートを使うように心掛けましょう。

それとチャイルドシートの返却期限は守らなければいけません。レンタルは期限を過ぎてしまったら、追加料金が加算されます。せっかく節約のためにレンタルしたのに、同等の、いやそれ以上の金額を払わせる羽目になってしまったら本末転倒です。何事も期限を守るのは大事ですよね。期限を守ってチャイルドシートを使用しましょう。