歯磨き編

乳歯が生えてくると、ママやパパのお世話も増えます。乳歯は永久歯に比べて柔らかいので、虫歯にもなりやすいのです。虫歯は一度出来てしまうと、一生虫歯と付き合っていかなくてはならなくなるので、できるだけ虫歯予防をするようにしましょう。

乳歯の生え方と歯磨き法

お口のお手入れは歯のない頃から始めて。早いうちから口の中に指や歯ブラシを入れることに慣れておけば、大きくなってからも歯みがきをいやがる心配もなし。

5〜6ヶ月頃

この時期は歯が生える準備が始まりまるので、その頃の赤ちゃんは、歯が生えてくることをかゆがって、歯がためやおもちゃやタオルなどをしゃぶりたがります。(早い子はこの時期に歯が生えていることもあります。)

歯磨き方法

この時期はまだ歯が生えてないので、歯ブラシは使用せずに、きれいなガーゼを指に巻きつけて拭き取るようにしましょう。この段階でやっておくと、歯が生えてきた時に歯ブラシを嫌がらなくなります。歯は生えてはいませんが、この時期は大事です。

7〜10ヶ月頃

初の歯が生えてくる時期です。上の歯、下の歯、
どちらが生えてくるか、人それぞれです。

歯磨き方法

歯が生えてくるとよだれがたくさん出てきます。よだれが出るので、虫歯になりにくいと聞きますが、上の歯の場合は、下の歯よりよだれに触れることがあまりないので、ガーゼで拭き取る、または軟らかいシリコン製の歯磨きで隙間を磨くようにしましょう。

10〜1歳の頃

上下の歯が生え揃ってきます。1歳になるまでには、6〜8本は揃ってくるでしょう。

歯磨き方法

この時期にはシリコンではなく、ちゃんと毛のある歯ブラシを使用します。この時期はまだうがいはできないので、歯磨き剤はつけないでおきましょう。そして、歯ブラシを持たせて自分でさせたり、仕上げの歯磨きをして、最後にうがいの変わりに水などを飲ませるようにしましょう。

1歳7ヶ月頃

この時期には手前の奥歯が生えてきます。

歯ブラシの仕方

奥歯も生えてきたので、奥歯の横や裏を磨くことも忘れずにしましょう。また、この時期までには自分で歯を磨く楽しさを教えてあげておくとよいでしょう。家族みんなで楽しくやるということを心得に。

2歳

この時期になると立派な歯が揃ってきています。合計16本生えてきているでしょう。そして、3歳頃までには20本になっています。

歯磨き方法

立派に歯が揃っているので、全部の歯を使用してご飯を食べています。なので、しっかりと磨き忘れのないように磨いてあげるようにしましょう。

仕上げのはみがき

仕上げの歯磨きは、鉛筆の持ち方で歯ブラシを持ち、小刻みに動かして磨くようにします。この時力を抜いて磨きましょう。前歯を磨く時は、唇をめくり前歯をみがくようにします。その時は磨きやすいように歯ブラシを持ちかえるとよいでしょう。

最後にフッ素をシュッシュと口の中に含ませます。乳児用のフッ素剤が薬局などに販売されています。味はグレープ味などがありました。味も子供向けなので、コレをしてもらう楽しみからか、素直に歯磨きをさせてくれましたよ。