眠ることが仕事

赤ちゃんは眠ることですくすく成長します。子供の成長はとても早いのでそれに見合ったサイズの子供服を選んであげるといいでしょう。小さくなった服をいつまでも着せていると、血の流れを悪くしたり成長の妨げにもなる恐れがあります

当サイトはそこで注意したいことをお話します。生後1ヶ月までの赤ちゃんは朝昼夜関係なくすやすや寝ています。赤ちゃんのお仕事はミルク飲んで寝るというのがお仕事。あまりにも寝るので、睡眠が足りてないのかって気になって、物音を立てないようにって気にする人もいますが、普通程度の物音をたてても大丈夫です。眠くなったら寝るというのが赤ちゃんにとって自然なことなのです。

眠る

また、ぐっすり寝ているからといっても、たまに赤ちゃんを見るようにしてください。たまに、毛布が顔にかかってしまい、息をするのに苦しそうな時もありますので確認するようにしましょう。

夜泣きで悩まされる時期も出てくるときがあるでしょう。そんな時は、寝る前にベビーマッサージをしてあげたり、添い寝をするようにしましょう。ベビーマッサージは、赤ちゃんの体に直接触れるので、気持ちよくママやパパの温もりが直接感じられるので、心が落ち着くようですよ。
眠っている間に赤ちゃんは沢山汗をかくのでコットン素材の吸収力があって柔らかいベビー服をえらんであげましょう。カーターズのベビー服を参考にしてみて下さい。

乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群(SIDS)って聞いたことありますか?寝ている間に窒息などをおこして突然亡くなってしまうことで、毎年300〜500人の赤ちゃんが亡くなっており、一番多いのは生後1ヵ月から4ヶ月の間にとても多く発症していますので、気をつけてください。

この原因は、まだはっきりとわかってはいませんが、欧米では少しずつわかってきているようです。

あおむけ寝をさせる
医師からうつ伏せ寝と指示があった場合を除き、あおむけ寝をさせるようにしましょう。
タバコ
妊婦の時はもちろんですが、タバコはやめましょう。また、赤ちゃんの近くではタバコは吸わないで置くようにと家族の人にも注意しましょう。
母乳で育児
赤ちゃんにとって母乳育児はとても良いものです。人によって母乳の出方がありますが、母乳が出るのであれば、母乳で育てることが良いでしょう。
母乳が赤ちゃんによいことはよく知られています。 母乳の出方には個人差がありますが、母乳が出る場合にはできるだけ母乳で育てましょう。