プリザーブドフラワーの花について

プリザーブドフラワー

皆さんは所謂プリザーブドフラワーを御存知でしょうか。もっともこれを現在御覧の皆さんの中には、このプリザーブドフラワーを御存知ない、と言う方が意外に多いのではないかと思います。それではこのプリザーブドフラワーとは一体何なのでしょうか。

プリザーブドフラワーと言う名前が付いているくらいですから、当然プリザーブドフラワーは花と関係が有ります。今人気の商品としておむつケーキやブリザーブドフラワーは出産祝いなどのギフトの定番です。プリザーブドフラワーはとてもキレイでギフト商品としてとても人気が高いです。

それではプリザーブドフラワーは一体どのような花なのでしょうか。ここではそんなプリザーブドフラワーについて紹介していきます。皆さんがこれをきっかけにプリザーブドフラワーの事を知って、そしてプリザーブドフラワーの世界に興味を抱いて頂ければ、と思います。

私たちは花と共存している

先にも紹介したようにプリザーブドフラワーと言うくらいですから、プリザーブドフラワーは花に関係が有りますプリザーブドフラワーとは、ある意味花の一種であると言えます。皆さんにこのプリザーブドフラワーの事を知って頂く意味で、まずはプリザーブドフラワーの話題に入る前に私達と花の話題について触れていきます。

皆さんの周囲にも花が沢山有るかと思います。花は常に私達の目を楽しませてくれます。皆さんも御存知のように、私達人類は古来から花に美しさを見出し、そして花を大切に鑑賞してきました。私達がプリザーブドフラワーを愛するのも、勿論この延長に有ります。
また現在世界には、約60億人以上もの人々が住んでいます。そして色々な人種や民族がいて、彼らはそれぞれ異なる言語や文化、習慣を持って生活しています。

地球には色々な人々が生活しています。ですが私達人類には共通する点が有る、と言ってもいいでしょう。それは咲き乱れる花を美しいと思い、そしてそれを愛する気持ちです。そんな花を美しいと思い、そしてそれを愛でる気持ちは、人種や民族、はたまた古今東西を問わず、人類が共通に持つものだとも言えるのではないでしょうか。

日本の花

日本は非常に季節の変化に富んだ国です。季節によって異なる景色、異なる風物を楽しむ事が出来ます。勿論花も、季節のそれぞれの花を楽しむ事が出来ます。これは日本に生まれた私達にとって非常に幸せな事ではないでしょうか。こうして私達日本人は、日本の季節の変化によって、様々ま花々があちこちに咲き誇る美しさを楽しむ事が出来ます。

ですがこのように花を愛し、そしてそれを愛でる心を持っているのは、当然ながら私達日本人だけではありません。世界中に住む人々も同様に花を愛し、その美しさを大切に感じています。そして勿論ながら現在だけではなく、古代から人類はずっと周囲の花を愛し続けてきました。

とは言っても、当然の事ながら花は、永遠に咲き続けているわけではありません。永遠にその美しさを保つと言った事は出来ません。私達人類や、或いは動物がそうであるのと同じように、花にも生命が有ります。私達人類や動物達は、その寿命が来れば、何時かは亡くなります。
同じように花の場合でも、その生命が尽きれば花はその役割を終え、そして枯れていく事になります。

そのことを考えた場合、もっと花を長く生きながらえさせることはできないかと考えます。つまり、保存方法です。プリザーブドフラワーとは、そういった人の気持ちが生み出した現代の科学の結晶なのです。美しい花が長い期間枯れずに咲き続けられるなんて、誰が想像したでしょう。そしてその花は、水を与えることなくその美しさを保つ事ができるのです。

そんなプリザーブドフラワーは出産祝いのギフトや誕生日のプレゼントとして名入れギフトなどと共にとても人気があります。綺麗なプリザーブドフラワーを貰うだけで、気持ちはとても良いものです。もしプレゼント商品を考えているのなら、プリザーブドフラワーを選んでみてはいかがでしょうか。

プリザーブドフラワーの保管方法

プリザーブドフラワーは直射日光に弱い、と言う特徴が有ります。プリザーブドフラワーがこうした性格である以上、プリザーブドフラワーは一般に室内に置くものです。室内でプリザーブドフラワーを飾ったり、或いは鑑賞します。ですがプリザーブドフラワーを置いている室内のコンディションにも気を配っておく必要が有ります。プリザーブドフラワーは非常にデリケートですので、こうした環境にも気を配ります。特に

  • 室内の温度が25度以上
  • 湿気が多い
  • 高温多湿になりがち

など、上記の場所では注意が必要です。
と言うのもこのような環境になってしまいますと、プリザーブドフラワーの植物から液漏れしてしまうと言った場合が有ります。このプリザーブドフラワーから出てくる液体は、人体には悪い影響を及ぼすと言ったような事は有りません。ですがこの液体が衣類等についてしまうと、後で非常に落ちにくくなってしまうので、その扱いにも注意が必要です。

花

ちなみにもしもプリザーブドフラワーが湿気を帯びると、どのように変化するのでしょうか。そうなってくると、プリザーブドフラワーの場合花びらが透けてきます。ですがプリザーブドフラワーが乾燥すると、その花びらは元に戻ります。

従ってもしもプリザーブドフラワーの花びらが透けてきたからと言って、決してそのプリザーブドフラワーに関して諦めたりする事は有りません。ずっとそのプリザーブドフラワーの事を労わってあげてください。

ですがやはりプリザーブドフラワーを置く部屋の湿気や温度の管理には、プリザーブドフラワーの為にも是非とも気を配ってあげてください。

注意しなければいけないことは?

プリザーブドフラワーの扱いにおいて、注意しなければならない事は他にも沢山有ります。プリザーブドフラワーを保存する上で、特に気をつけなければならない点が有ります。それが一体何か、皆さんは御存知ですか。

プリザーブドフラワーを扱う上で注意するべきこと、それは水です。水は有る意味プリザーブドフラワーの大敵です。私達は通常花に水をやります。ですがプリザーブドフラワーの場合、生花の場合とは違って水をやってはいけません。プリザーブドフラワーに水は絶対にかけないでください。

何故プリザーブドフラワーに水をやってはいけないのでしょうか。何故ならプリザーブドフラワーに水をかけると、プリザーブドフラワーの色落ちの原因となってしまうからです。従って皆さんが実際にプリザーブドフラワーを扱う場合には、プリザーブドフラワーと水との関係についてはよく覚えておいてください。

なお生花も勿論そうなのですが、プリザーブドフラワーも生花と同様に繊細な花です。従ってプリザーブドフラワーをぶつけたり、或いはプリザーブドフラワーを落としたりしてしまうと、プリザーブドフラワーの花びらが落ちたり、茎が折れたり、或いは形が崩れたりしてしまいます。折角のプリザーブドフラワーが破損したり、美しさが損なわれたりしますので、プリザーブドフラワーは大切に優しく扱ってあげてください。

魅力を感じていただけたら…

以上プリザーブドフラワーの扱いについて簡単に紹介しましたが、皆さんは如何御覧になりましたか。プリザーブドフラワーの魅力と同時に、プリザーブドフラワーの取り扱いの仕方もおわかり頂けたでしょうか。

プリザーブドフラワーには美しさと魅力で溢れています。これを御覧の皆さんにも、プリザーブドフラワーの事を理解し、そしてプリザーブドフラワーを好きになって頂きたいものです。と言うことで折角皆さんの生活に潤いと安らぎを長きに渉ってもたらしてくれるプリザーブドフラワーです。
皆さんもプリザーブドフラワーを大切に扱い、慈しんであげてください。そうして長くプリザーブドフラワーを楽しんでください。